スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

坂の街小樽凄し(◎o◎)



先日小樽ミニ観光第3
段を決行した。
小樽観光PR雑誌に
出ていたお店2軒と
半分まで行けた(笑)

1軒目はとんがり帽子
のパイグラタンの店
雑誌に偽りなく人気
店な様でロケーション
良い二階の席は満席
パイグラタンは
美味しかったよ

2軒目は最上にある
カフェ3軒の内の
1軒目へ
大正時代に建てられた
と言う建物に魅せられ
店内へ
しまったしくじった
雑然と置かれた数々の
店内に相応しくない
ヘンテコなオブジェ
せめてJazzでも
流れていたら我慢も
出来たものを(>_<)

しまった顔の3人

気を取り戻し3軒目へ
とナビ頼りに行くが
坂また坂の道
あんな坂こんな坂
まさかの坂も平気
なハズが‥そこは小樽

建物外観が少し見え
ていたけれど、辞めた
そう・辞めた方が良い
絶対に辞めるべきだ!
人生退き際も肝心さ

度胸試しに行きたいと
名乗り出る勇者が
いれば地図上にて
所在地は教えてたる
でも辞めた方が良いよ
小樽の凄さを初めて
知った感じ(ノ△T)
民家あるのだから
更に驚愕

どんなにロケーション
が良く美味しかろうが
ロッククライミング的
無謀な挑戦をする
には運転技術より
国の都市計画や
傾斜度判定基準の
大幅な見直しが必要!

危険を意味する
その黄色建物はからは
来たいなら・来い!
来てみろ!
って挑発的な誘い

この歳になり
無謀なチャレンジは
しない事に決めたので
黄色もしくは色赤には
敏感!小樽の皆様特に
急傾斜地お住まい
方々
それだけで喝采です
(◎o◎)
小樽で有名な坂道と
一味どころの坂
じゃあない紹介雑誌に
偽りは全く無く
凄いよ坂の街小樽

へぇ~そうなんだ~
byメディア
小樽生まれの僕だけど
知らないなぁ~
by神龍
もしももしも
リールん家が
あの黄色建物のお家
だったとしたらば‥
そして・そこに神龍が
待っていたなら
私は車を降りて
ロッククライミングに
挑戦しただろう

そこに神龍が居たなら
私はどんなが待ち
構えていても
あの坂は自力で上がる
そして神龍を大事に
抱え安全に下ったで
あろう
多分p(´⌒`q)

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

pocketmam

Author:pocketmam
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。